地魚+エリア+料理でお店検索
  1. 1-エリアを選ぶ
  2. 2-魚を選ぶ
  3. 3-料理の種類を選ぶ
魚名の入力でお店検索
新着情報一覧

新着情報一覧


新着情報

2017-03-17 (金) 更新
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~


 尾道近海で獲れる魚は、カレイやスズキなど一部の魚種を除き、5月頃に産卵をむかえます。
 3~4月はどんどん身が肥えてきており、美味しさも増しています。

 また、卵があるものと無いものでも味わい・調理法が違います。
 写真のチヌは、同じ重さですが、どちらに卵があるか一見して分かります。(写真下のチヌは、お腹がパンパンに膨らんでおり、卵もっています。)
 チヌの卵は、タイより1回り小さく、その分なめらかな味わいです。
 ただ、煮魚にする際は生煮えを防ぐために、表面が煮えた後に更に包丁を入れて煮ていただくと、より美味しく召し上がっていただけます。
 ぜひ、店頭で魚を見比べてみて下さい。

 なお、本日の出荷は次のとおりです。ぜひ、ご来店いただき、店頭で魚のお腹を見比べてみて下さい。
 赤貝、小エビ、ミミイカ、ツブニシ、ゲンチョウ、タナゴ、チヌ、マダイ、マゴチ、スズキ、メバル、タケノコメバル、ホゴ、イイダコ、デベラ、アマテカレイ、オコゼ、コウイカ、タチウオ、ナマコ

2017-03-03 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 昨日の強風の影響で、本日の入荷量は少ないです。
 獲れたての魚介類だけを出している分、入荷量は天候や潮に左右されます。その分、店頭に並んでいる魚介類は新鮮そのものです!

 さて、本日は3月の金曜日。送別会シーズンに入っており、ええじゃん尾道 水産ブースには、市内の飲食店からの注文が多く入ってました。「小さめのタコをとっておいて」「小さめのマダイを20尾」などの電話注文が入っており、サイズは小さめが人気のようでした。

 なお、本日の入荷魚種は次のとおりです。売切れる前にぜひお求め下さい!
 メバル、ホゴ、オコゼ、マダイ、アナゴ、ヒラメ、ナマコ、アコウ、タナゴ、タチウオ、ボラ、ゲンチョウ、カワハギ、チヌ。

2017-02-17 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像

 
 ~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 尾道近海で水揚げされる魚介類は、種類の豊富さが売りで100種類以上!
 お店に並ぶ魚も季節ごとに変わります。

 本日は次の“22種類”の魚介類が出荷されています。

 漁協直営の直売所ならではの旬の地魚を、ぜひご賞味下さい!


 マダイ、チヌ、ボラ、コノシロ、グチ、スズキ、カレイ、シラサエビ、トリガイ、ガザミ、小エビ、アカニシ、ナマコ、デベラ、ミミイカ、メダカ、ゲンチョウ、カサゴ、カワハギ、アコウ、マダコ、ウマズラハギ








2017-02-03 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 本日は、底引き網漁で獲られたヒラメが多く入荷しています。

 ヒラメの旬は寒い時期で、強い旨味と独特な食感が楽しめる、とても美味しい魚です。

 本日は、写真の様に3.3kgもある大型のヒラメが出荷されていました。最初、1尾1万円で店頭に出そうとしてましたが、やはり高額過ぎると、いくつかに捌いて販売していました。

 ヒラメは、その特徴的な形のため、3枚でなく5枚に捌くことが多い魚です。
 素人が捌くと時間がかかりますが、さすが漁師、あっという間に捌いていました。
 写真のとおり卵を持ってましたが、まだ小さな卵であり、旨味が強い時期です。
 お求めやすいサイズも沢山ありますので、ぜひ尾道のヒラメをご賞味下さい!


 

2017-01-20 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 尾道ではここ数日、好天が続いており、漁師達も大漁が続いています。
 ええじゃん尾道の漁協直営水産ブース出荷量は、尾道の天候・潮の状況に直接左右されます。
 特に本日の様な大漁の日は、水産ブースに収まらない位、出荷しており、見るだけでも楽しめますので、ぜひお越しください!

 なお、先日から新聞・テレビで紹介されています、Iターンで尾道に移住された新人漁師の方も、沢山出荷してます。底引き網でガザミやカレイなどを獲って出荷していますので、ぜひご購入下さい!

 本日の出荷魚種は次のとおりです。
 ゲンチョウ、カサゴ、ガザミ、ツブニシ、赤ガイ、タイラギ、エソ、ハゼ、ハリイカ、オコゼ、ミミイカ、カレイ、タチウオ、マダイ、チヌ、メバル、アナゴ、アマテ、アコウ、スズキ、小エビ、カワハギ、セイゴ、ヨナキガイ

2017-01-06 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 ええじゃん尾道は、本日から初売りです!
 漁師達は、昨日(1/5)から新年の漁初めだった人が多く、新鮮で多種多様な尾道の地魚を出荷しています。

 昨日から海上では風が強く、また、正月休み明けだということもあり、漁師達は漁が辛かったと話してました。魚も年末から場所を移動しており、獲れる位置も変わっていたとのことです。

 本日の出荷魚種は次のとおりです。
 チヌは1,105gで500円など、とてもお求めやすくなっています。尾道の地魚をぜひご賞味下さい。

 ガザミ、コチ、ナマコ、カワハギ、タコ、オコゼ、ヒラメ、チヌ、ハリイカ、ゲンチョウ、タチウオ、タイ、アマテカレイ、グチ、コチ、アコウ等々

2016-12-09 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 ここに来れば、今の季節に尾道で何が獲れるか分かります!

 本日も水産ブースに入りきらないほど、季節の地魚で溢れています!
 出荷魚種は次のとおりです。多種多様な魚があり、見るだけでも楽しいですよ!

ガザミ、アカニシ、ヒメシャコガイ、ミヤコボラ、ナマコ、コウイカ、チヌ、アコウ、カワハギ、オコゼ、トリガイ、ホゴ、タナゴ、ハゼ、デベラ、ゲンチョウ、メダカ、メバル、グチ、マダイ、タチウオ、タコ、サワラ!、シラサエビ、赤エビ


 なお、12月に入ると、尾道では底引き漁でナマコを獲る漁師が多く、今年も多く出荷されています。また、例年どおり、ガザミやゲンチョウも多く獲れています。逆にイカは12月に入ると少なくなりますが、今年はまだ出荷されています。
 
 写真にあるカワハギ(刺身におろし中)ですが、今年、尾道では急激に漁獲量が増えています。どの漁師に聞いても、「急に獲れるようになった。臭みがなく美味しい魚だよ。」と言っています。刺身を肝醤油で食べたら絶品ですので、ぜひ新鮮なカワハギを味わってみて下さい!


 

2016-11-25 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~


 毎日、獲れたての新鮮な尾道の地魚を入荷していますが、昨日の強風の影響で、本日の入荷量はいつもより少な目です。次の魚種を入荷していますので、ぜひご来店下さい。

 マダイ、チヌ、アナゴ、グチ、タチウオ、タコ、カレイ、メバル、ホゴ、カサゴ、ボラ、シラサエビ、カワハギ。


 本日のシラサエビは、尾道で新規就業されたばかりの漁師さんが出荷されています。
 生きているほど新鮮なエビですので、揚げても茹でても美味しくオススメですよ!




 

2016-10-28 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~


 もうすぐ11月。
 尾道ではアナゴとガザミが増えてくる時期です。
 
 水産ブースは、本日も尾道で獲れた多くの魚でいっぱいですが、なかでもアナゴとガザミが目立ってました。


 尾道のアナゴは、筒漁やはえ縄漁などで獲られており、本日は“ベエスケ”と呼ばれる大型のものが多く出荷されています。
 蒲焼、白焼き、チラシ寿司などもありますが、家庭でのオススメの食べ方は天ぷらです。
 冬の穴子は比較的型がよく、脂の乗りがとてもよいので、ぜひ食べてみてください。


 ガザミは、“低カロリー・高タンパクの漁師の健康食”です。
 県内では、今年度からガザミ稚魚の放流を増やしており、ますます多く漁獲されることが期待されています。
 酒蒸しなど何でも美味しいですよ!


 

2016-09-30 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~


 本日はマダイとガザミを大量に入荷しています。
 それぞれ5~6名の漁師が出荷しており、サイズは大小様々ですが、どれも獲れたてで鮮度抜群です!
 
 また、本日はアサリも少量入荷しています。
 尾道はかつてアサリの産地で、市内の各干潟で多く獲られていました。ただ、近年は漁獲量が減少しており、市内の漁協では、アサリを食害(チヌ等)から守るために網掛けを行ったり、アサリの稚貝を人工的に生産したりと様々な対策を行っています。そられによってアサリが増えだした干潟も出てきていますので、美味しく、安心な尾道産のアサリをぜひご購入ください!

 他の出荷魚種(今の時期に尾道で獲れている魚達)は次のとおりです。
 チヌ、メゴチ、コチ、コウイカ、エイ、ゲンチョウ、ネブト、タチウオ、小エビ、マダコ、コノシロ、デベラ等々。


 

2016-09-09 (金) 更新

【尾道イベントブック】

 「尾道季節の地魚の店」の登録店舗情報を掲載した、「尾道イベントブック2016秋冬版」を2万5千部作成しました。
尾道駅、まちかど観光案内所、市役所各支所などに置いてありますので、ぜひ手に取ってみてください!



pdfH28尾道イベントブック(地魚の店情報).pdf(18,495KB)

2016-09-09 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 本日は魚の入荷量が多く、水産ブースがパンパンです。
 それも1魚種が沢山入っている訳ではなく、多種多様な魚種を入荷しているため、しっかり選んでいただけます!
 なかなかこれだけの地魚・魚種が揃うお店はありません。見るだけでも楽しい売場になっていますので、ぜひご来店ください!

 なお、入荷魚種は次のとおりです。
 タイ、アコウ、ウマズラハギ、チヌ、タモリ、ホゴ、タコ、タコの子、エイ、ヒラメ、ゲンチョウ、スズキ、メコチ、ガザミ、小エビ、タチウオ、タチウオの子、コノシロ、ボラ、アカエイ、グチ等々


2016-09-09 (金) 更新

「尾道あこう祭り」お知らせ

 9月17日(土)開催の「尾道あこう祭り」オープニングイベントについては、本日(9月9日)が申込期限となっております。
 これまでのところ、多数の申し込みをいただいており、申込者数が定員(20組40名)を超えております。
 申込期限後、抽選のうえ、申込者へ参加の可否を通知させていただきます。

 オープニングイベントは、どこよりも新鮮な“あこう”を、十分に堪能できる、楽しく・美味しく・珍しいイベントです。
 参加を希望される方は、本日までにお申し込みくださいますようお願いいたします。
 (イベント詳細は、2016-08-25 更新分をご確認下さい。)


2016-08-25 (木) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像

 「尾道あこう祭り」を開催します!
 
 ◇オープニングイベント参加者募集!◇ ~あこう40尾無料プレゼント⇒指定店へ持ち込み~


 ~幻の高級魚あこうに悶絶!~

 近年、尾道での漁獲量が増加している幻の高級魚“あこう”。
 尾道季節の地魚の店連絡協議会では、あこう料理が尾道の食の新名物となることを目指し、地魚の店16店舗と「尾道あこう祭り」を開催します。

 イベント初日には、20組40名へ、漁師から活魚“あこう”を無料プレゼント。その“あこう”は、そのまま指定店2店舗へ持ち込んでいただき、新鮮あこう料理を堪能していただきます。


○尾道が“あこう”の産地であり、食べられるお店も沢山あることをPRしていきます。
○参加店は昨年度の13店舗から16店舗へ増加!
○“あこう”という魚種で行う、全国でも稀有なイベントであり、今年度で2年目となります。


【オープニング】
日時:平成28年9月17日(土)
場所:尾道漁協、「藤半」・「料亭旅館 魚信」
(1)あこうプレゼント[無料]
 ①定 員  20組40名(2人1組) ※応募者多数の場合は抽選となります。
 ②場 所  尾道漁協(おのみち新鮮組の朝市)
 ③時 間  10時~11時(“あこう”を受け取り次第、順次持ち込み。)
 ④内 容  尾道漁協の漁師が、獲りたての泳いでいる“あこう”を、1人1尾無料プレゼントします!
 ⑤条 件  次の飲食店(指定店)へ持ち込んで下さい。

(2)飲食店への持ち込み[有料]
 ①指定店  「藤半」、「料亭旅館 魚信」の2店舗(どちらも尾道漁協から徒歩5分以内)
 ②時 間  10時30分~
 ③定 員  両店とも10組20名
 ④料 金  両店とも1人1,500円(税別)※ご飯、味噌汁、茶碗蒸し付き。
 ⑤内 容  参加者は、上記プレゼントの“あこう”を持って、申込みした指定店へ移動します。
        各店はそれを調理し、参加者へ自慢のあこう料理(煮付け)を提供します。

(3)参加申込み
 ①期 間  9月2日(金)~9月9日(金)
 ②方 法  上記期間中に参加申込書を事務局(尾道市農林水産課)へFAX・メール。
 ③通 知  事前に参加可否の通知を送付。
 ※応募状況によっては指定店の希望に添えない場合があります。
 ※参加申込書は、別添ファイルからダウンロードしてください。


【尾道あこう祭り内容】
 値段・料理の内容は各店舗で違いますが、全てのお店で尾道産の“あこう”を使用した、絶品あこう料理が食べられます。
 また、お店によってはイベント期間中のみのサービスも有ります。

 期 間:平成28年9月17日(土)~9月30日(金)
 内 容:尾道の飲食店16店舗が、期間中、自慢のあこう料理を提供。
      (店舗によっては特典サービス有り。)
 参加店:市内飲食店16店舗(尾道季節の地魚の店認定店)
 主 催:尾道季節の地魚の店連絡協議会


オープニングイベントの参加者募集チラシについては、尾道市ホームページに添付していますのでご覧ください。







pdf参加申込書「尾道あこう祭りオープニングイベント」.doc(39KB)

2016-08-19 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 お盆の間に一生懸命に漁に出て沢山出荷していた漁師達が、一部お休みしており、本日の出荷量は少な目です。

 そん中、本日のオススメは、“太刀魚”と“ハモ”です!
 素晴らしい状態のものが沢山出荷されています。

 ハモは獲った後、出荷するまでにとても手間のかかる魚です。
 小骨が非常に多く、食べるには「骨切り」という下処理が必要です。
 皮を切らないように細かい切りこみを入れ、小骨を切断するのですが、味を落とさずに処理するには、高い技術がいります。
 右の写真の漁師さんは、「ハモは(出荷処理が)大変。ただ、自分が処理したハモは本当にウマイよ~。」と話していました。

 サッパリした夏のハモ。尾道のハモをぜひご賞味ください!!


 


 

 

2016-08-12 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 お盆も毎日営業中!
 「漁師のさかなや」は、皆様のご来店をお待ちしています!

 昨日位からどんどんお客様が増えており、本日も9時の開店と同時に、多数のお客様が「漁師のさかなや」で魚を選ばれています。(水産ブースへ直行されるお客様が多いです!)
 8月は、尾道では多くの魚種が獲れる、魚を楽しむにはもってこいの時期です。親戚・ご家族と、ぜひ尾道の季節の地魚をお楽しみください!




2016-07-29 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 尾道の夏の魚である“ギザミ”の入荷が増えています!

 “ギザミ”は浅場にいる小魚で、特に瀬戸内海一帯では食用として人気があります。
 旬は夏。まさに今です!

 値段が安く、白身でクセのない味わい。
 煮つけ、塩焼き、刺身で食べることが多い魚です。
 身はとにかく柔らかく、とても美味です。

 奇抜な色合いの魚ですが、購入する際には、色合いの鮮やかなものを選ばれることをオススメします。尾道の夏の魚“ギザミ”をぜひご賞味ください!




2016-07-15 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

【カニ好きな方へ】
 本日は新鮮なガザミを数多く入荷しています。
 スーパーなどにはあまり売られてない地物のガザミです!

 例年、ガザミはお盆過ぎ頃から多く獲れますが、今年は既に入荷が多くなってきています。
 漁師さんによると、獲るのがバカらしくなる位、最近のガザミは安くなっているので、家庭の夕食でも食べてほしいとのことです。

 汁物でも美味しいですが、やはりオススメは塩ゆで!!
 重いヤツが身が詰まっててオススメです。店頭でじっくり選んでください!

2016-07-01 (金) 更新
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像
  • ニュース画像

~入荷情報(ええじゃん尾道 尾道店)~

 水産ブース前の水槽では、6月18日より販売を開始した“フォアグラハギ”が元気に泳いでいます!
 7月30日まで毎週水・土曜に出荷しておりますが、おかげさまで大変人気となっており、開店と同時に売り切れる状況が続いております。1回の出荷尾数が20~30尾と少ないこともあり、お求めいただけないこともあり、ご迷惑をおかけしております。

 他の魚も沢山の種類を入荷しています。
 その中でも、本日のオススメは“因島太刀魚”です。
 「一本釣り」や「はえ縄」によって漁獲された因島の太刀魚は、とても綺麗な身で、程よい太り具合。脂もたっぷりで、とろける上品な味わいです。

 他にも、アコウ、ガザミ、コチ、ヨソ、マダイ、チヌ、カマス、スズキ、モンゴウイカ、コウイカ、ギザミ、ホゴ、タモリ、メコチ、ゲンチョウ、ウミノシタ(珍しい!)、キス、ハモ、メバル、イサキ、アサリ、マダコ、メダカなどが出荷されています。
 尾道の魚の特徴である、多種多様な魚介類!それが楽しめる漁協直営のお魚屋さんに、ぜひお越しください!






2016-06-24 (金) 更新
  • ニュース画像

 「尾道季節の地魚の店」を新たに9店舗認定しました!
 尾道でのお食事の際は、ぜひ地魚の店認定店へお越しください!!

【9店舗を追加認定】
 新たな9店舗の情報については、このホームページに掲載していますので、ぜひご覧ください。

 1 天然温泉 尾道ふれあいの里(御調町)
 2 イタリア料理 ピッツェリア ファンダンゴ(新浜一丁目)
 3 海鮮居酒屋 辰兵衛(久保二丁目)
 4 いんのしまペンション 白滝山荘(因島重井町)
 5 泳魚料理 土井(因島土生町)
 6 来楽寿司(因島土生町)
 7 民宿 布刈(因島大浜町)
 8 一色商店(因島土生町)
 9 レストラン ロセアン(潮見町)



 新鮮な尾道の地魚を!
 あこう、おこぜ、まだい、ほご、めばる、すずき、きす、たちうお、ちぬ、がざみ等々。

 尾道の自慢である、季節ごとに変わる、多種多様な魚介類。
 これまで尾道で地魚を食べたいとの声は多数ありましたが、どのお店に行けば地魚を食べられるのか分かりにくい状態でした。
 それらを解消し、「尾道の地魚」を食べたい市民・観光客の皆様と、地魚を食べてもらいたい飲食店・漁業者を繋げることを目的として、平成26年度から本認定事業を実施しています。


 〇主な認定要件は2点
 1「尾道の地魚」を使用する料理をほぼ通年で提供していること。
 2「尾道の地魚」を扱っている者から、「尾道の地魚」として仕入れていること。


 〇これまでの取り組み
 平成26年度 38店舗認定
 平成27年度  6店舗認定、廃業により1店舗認定取消、尾道あこう祭り開催(あこうのブランド化へ)
 平成28年度  9店舗認定 尾道あこう祭り開催予定(9月予定)


pdfH28尾道季節の地魚の店 店舗一覧.pdf(14KB)

あなたのお店を「尾道季節の地魚の店」に登録しませんか?

お店を「尾道季節の地魚の店」に登録しませんか?

和食、洋食、中華料理を問わず、尾道の地魚を使った市内の飲食店等であれば、「尾道季節の地魚の店」認定制度に申請できます。 「ぜひうちの地魚料理を紹介したい!」「尾道ならではの料理をお知らせしたい!」など、お店をPRしたい方は絶好のチャンス!申請期間は毎年5月1日から5月31日の間です。

FAXで掲載の申請を行う方 arrow

申請書類のダウンロード

お問合せ / 当サイトに関するご意見・ご要望など


特定のお店に関するお問合せはご遠慮ください。
各お店のご連絡先は、紹介ページに掲載しておりますので、そちらからお問合せください。(一部施設を除く)

お電話
電話番号
(尾道市産業部農林水産課)
0848-38-9478